多摩ニュータウン・エステート聖ヶ丘-3団地は多摩市聖ヶ丘にある30棟、240戸の中規模団地です
 
エステート聖ヶ丘-3団地ホームページ トップページへ
多摩ニュータウン・エステート聖ヶ丘-3団地  多摩市聖ヶ丘3丁目51番地、52番地
京王永山駅・小田急永山駅から聖ヶ丘団地行きバス10分
 

団地のライフライン:給水システム

 団地のライフラインを考えたとき、筆頭にあげるのはやはり水です。特に飲料水が確保できないとすぐに生命の危機となってしまうからです。このページでは、団地に供給されている水道水がどのような仕組み、経路で供給されているかを見ていきます。
 


各戸にある量水器(水道メータ)

 ご自宅で蛇口を開けると水が出てきますが、この水は各戸に1つある水道局の量水器を通ってきます。つまり各家庭には1つの経路で水道水が供給されています。量水器のそばには仕切り弁があり、その弁を閉じるとその戸の水道水はすべて止まります。
 この量水器の場所は、中層棟の場合は階段室のメータボックスの中で、タウンハウスの場合は門をはいったところの地面にあります。2ヶ月に一度水道局の係員が検針に来て、そのデータに基づいて水道料金が請求されます。



 


中層棟には棟の仕切り弁がある

 タウンハウスは各戸の水道メータから団地全体の配管に直結していますが、中層棟の場合は棟で集約されてから団地全体の水道管に接続しています。したがって各棟には棟の水道仕切り弁が1つ、または2つあります。場所的にはおおむね棟の脇(横側の地面にあります。
 


団地の敷地内から出ると2箇所で水道本管に接続します

 各戸、各棟から出た水道配管は団地の敷地内に埋設されている全体共用部分の配管に接続して、その水道管は51街区と52街区それぞれ1箇所ずつ市道を通る水道本管と接続しています。この本管は東京都水道局の管理下にあります。
  下図の赤い線は団地内の給水管で、青い線は水道本管です。団地の敷地内の給水管(赤)については管理組合に維持修繕などの責任があります。水道本管(青)については東京都水道局が管理します。
 下図の通り、それぞれ1箇所で接続しているので、水道本管、あるいは団地内埋設の給水管が破損すると、51街区、52街区全体、あるいは複数の棟に影響が及びます。


 


給水は直圧直結方式

 当団地には、他の地域のマンションによく見られるような屋上の貯水タンクや、ポンプで水をくみ上げる装置などはありません。これは多摩ニュータウン地域全般に言えることですが、高台にその地域に供給する水を蓄える配水場が7箇所あり、それが貯水タンクの役割をしています。
 このように自然の水圧で給水するやり方を「直圧直結方式の給水」と呼んでいます。ちなみに給水方式は、一般的に屋上に貯水タンクを置く「高置水槽方式」や、水槽に溜めた水をポンプで水圧をかけて上に送る「ポンプ圧送方式」、それから水槽は無いがポンプで増圧して上に送る「増圧直結方式」などがあります。当団地の直圧直結方式は、受水層やポンプなどの設備を持たなくて済むので、その面では多摩ニュータウンは街全体として非常によく設計されているといえます。

 

メニュー

聖ヶ丘の生活圏と環境聖ケ丘3団地の概要聖ヶ丘-3団地の予定聖ヶ丘周辺ニュースお知らせ掲示板関連サイトへのリンクゲストルームおてつだい・エブリー申し込み

ログイン

お問合せ

お問合せはこちら
入居考え中の方
交流ご希望の他の団地の方
など
 
COUNTER467507
since 2011-07-28

 

このページは多摩ニュータウン・エステート聖ヶ丘-3団地管理組合が提供しています。